仕様 | Real-time Domain Registration Streaming | WhoisXML API

データストリーミング

このデータフィードのサブスクリプションは、あなたまたはあなたの組織にのみライセンスされており、Whois API LLCからの明示的な書面による許可がない限り、データを再販または再ライセンスすることはできません。これに違反した場合、法律の最大限の範囲で起訴されます。

更新時間

データは、当社のシステムで処理された後すぐに提供されます。

サポートしているTLD

Domain Registration Streamからデータを取得する方法

  • まず、Real-time Domain Registration Streamingサブスクリプションの有効なAPI キーが必要となります。
  • wss://nrd-stream.whoisxmlapi.com/ultimateエンドポイントに接続し、APIキーを最初のメッセージで送信します。
  • $ websocat --no-line -B 1100000 wss://nrd-stream.whoisxmlapi.com/ultimate [INFO websocat::stdio_threaded_peer] get_stdio_peer (スレッド化) [INFO websocat::ws_client_peer] get_ws_client_peer [INFO websocat::ws_client_peer] 接続されましたENTER_YOUR_API_KEY へ
    
  • 上記の例では、 websocatオープンソース・コンソール・ユーティリティを使用しました。 「-B」パラメータはバッファのサイズを指定するものです(1 MBを少し超える程度を推奨します)。
  • RFC 6455に準拠し、デフォルトでping-pong通信をサポートしているWebSocketクライアントの使用を強く推奨します。

任意の入力パラメータ

omitRaw

1の場合、次の生フィールドは空になります:registryDataRawTextregistrantContact_rawTextwhoisRecordRawTextadministratorContact_rawTextbillingContact_rawTextTechnicalContact_rawTextzoneContact_rawText

例:wss://nrd-stream.whoisxmlapi.com/ultimate?omitRaw=1

使用可能な値:0 | 1

初期値:0